適格消費者団体 特定適格消費者団体 特定非営利活動法人 埼玉消費者被害をなくす会
アクセスマップ リンク お問い合わせ サイトマップ ホーム
新着情報
団体概要
加入案内
活動案内
お知らせ
被害情報提供のお願い(情報受付フォーム)
寄付のお願い
会議報告

埼玉消費者被害をなくす会2009年度第7回活動委員会報告

 埼玉消費者被害をなくす会(本部:さいたま市)では、この会の目的である「消費者の被害の問題の解決や未然防止・不拡大、権利の確立など」を実現するため、日常的に、調査や情報の収集・情報提供等に31人の委員(団体推薦9人、公募22人)が任命され活動しています。

<第7回活動委員会の概要>
◇日時: 2010年2月15日(月)午前10時〜12時
◇場所: 浦和コミュニティセンター10F 第8・9集会室
◇出席: 活動委員20名 事務局3人
《ワークショップ》検討委員4名
【報告事項】
1. 第4回理事会・第4回検討委員会(1月29日)の報告を行いました。
2. 問い合せ・申入れ活動について
(1) 携帯電話事業者1社に対して、約款の条項が多数の消費者の利益を害する恐れがあるとして、使用差し止めの申入れ書を2月3日付で送付したことを報告しました。
(2) 県内の着物レンタル業者に対して、レンタル規約のキャンセルに関する条項の削除または改善を求める申入れ書を2月3日付で送付したことを報告しました。
(2) 昨年まで交渉を続けていた賃貸住宅管理事業者に対して、当会からの申入れの経過を問う連絡文を送付したことを報告しました。
【協議事項】
  1. ≪消費者被害アンケートめやすばこ≫について、2009年10〜12月に実施・回収した1,758枚の集計結果のまとめ(案)について意見をもらいました。ワーキンググループで検討し3月に最終報告をします。
2.
特商法改正後の返品表示と誇大広告表示についてのテレビショッピング再調査結果の内容をワーキンググループで検討し、今後の進め方を話し合うことにしました。
【その他情報提供・交流】
  最近の新聞記事の紹介、第45回埼玉県消費者大会報告集の配布、平成21年度全国消費者フォーラムの案内をし、第7回総会の開催日(6月29日)をお知らせしました。
 
ワークショップ
  「消費者がチェック!!意外に多い?景品表示法と特定商取引法違反」
開催:10時30分〜11時50分  参加者:活動委員19人 検討委員4人

ワークショップ はじめに県・消費生活課の落合正規主幹から、不当広告を見分けるポイントや該当する法律、県による処分例などの説明をいただき、その後検討委員も含めた4つのグループに分かれて、これまでに収集した折込広告4枚を題材にワークショップを行いました。
  グループごとに検討したい広告を1枚選び、消費者に不利益と思われる表示や誇大に広告している表示等について意見交換を行い、各グループで検討した結果を発表しました。

*携帯電話ショップの広告・・・他社携帯会社より有利と思わせる表記など数か所指摘。
*美顔器の広告・・・ 本体の販売価格が極端に定価より安く、大きく表示しているが、実はジェルとセットで買った場合にその価格になるという事が分かりにくい、など数か所指摘。
最後に落合主幹と検討委員から各グループ発表の講評と感想をいただきました。
 
2009年度 第8回活動委員会
2010年3月12日(金) 午前10時〜12時 埼玉会館 5B
個人情報保護方針 利用ルール
このホームページは特定非営利活動法人埼玉消費者被害をなくす会が運用しています。
無断転載禁止。転載を希望される方は上記にご連絡ください。