適格消費者団体 特定適格消費者団体 特定非営利活動法人 埼玉消費者被害をなくす会
アクセスマップ リンク お問い合わせ サイトマップ ホーム
新着情報
団体概要
加入案内
活動案内
お知らせ
被害情報提供のお願い
寄付のお願い
会議報告

埼玉消費者被害をなくす会2017年度第12回活動委員会報告

 

 埼玉消費者被害をなくす会では、会の目的である「消費者被害の未然防止・不拡大、消費者の権利の確立」を実現するため、調査や情報の収集等に消費者27人(公募19人、団体推薦8人)が日常的に活動しています。

<第12回活動委員会の概要>

◇日時:
2018年6月6日(水)10時〜12時10分
◇場所:
埼玉県生活協同組合連合会 会議室
◇出席:
14名 事務局:2名

【報告事項】

 (株)NTTドコモ差止請求訴訟控訴状況、(有)台企画差止請求訴訟で和解が成立(5/18)したこと、第7回理事会(5/29)について報告しました。また、活動委員会説明会(6/1)を実施、2018年度の活動委員会は29名でスタートすること、埼玉県からの受託事業関連、第54回埼玉県消費者大会第2回実行委員会、第1回プレ学習会(5/22)の報告をしました。

【協議事項】

1.広告表示改善要望活動

(1)美容製品の新聞折込広告について

○広告には内容量の表示がないので、記載してほしい旨要望できないか。

(2)保険会社

○医師の審査は不要とあるが、その条件表示が離れたところにあるので見逃すのでは。

(3)シミ取り専門サロン

○一回の施術で写真のように『瞬間シミ取り』ができるのか、問い合わせてはどうか。

○ケアの難しいシミもあるとのことだが、施術をする前(料金の支払い前)にケアの難しいシミか否かがわかるのか、問い合わせてはどうか。

⇒(1)〜(3)について、事務局にて文書を作成し、送付することとしました。

(4)健康食品

○変更後の広告では需要事項の文字は大きくなったので、以前よりは見やすくなった。

⇒今後も注視していくことを併記し、終了連絡文を送付することとしました。

(5)旅行積立

○契約解除についての説明が不足している。現金による払戻しができないことは、もっと目立つところに記載してほしい。

○「よくある質問」を別紙で良いので用意し、パンフレットに挟んでもらうとか、契約の際の説明時に配布してもらうと良いのではないか。

2.第15回通常総会・活動委員会報告について

実際にスライドを映しながら報告を行ない、内容をチェックしました。

3.2018年度の活動委員会の活動について

「表示」という観点でいえば、車内広告や街中の看板にもわかりにくいことがある。広い目でチェックできると良いのではないか、などの意見が出されました。

【その他情報提供・交流】

総会記念講演(6/26)、消費者力アップ学習会(8/28)などを案内しました。埼玉県、国民生活センター、業界紙から消費者被害に関する情報を提供しました。

【追跡調査隊】

なくす会総会での活動紹介の展示物を作成しました。

2018年度第1回活動委員会:7月10日(火) 10時〜12時 埼玉県生協連会議室

個人情報保護方針 利用ルール
このホームページは特定非営利活動法人埼玉消費者被害をなくす会が運用しています。
無断転載禁止。転載を希望される方は上記にご連絡ください。