適格消費者団体 特定適格消費者団体 特定非営利活動法人 埼玉消費者被害をなくす会
アクセスマップ リンク お問い合わせ サイトマップ ホーム
新着情報
団体概要
加入案内
活動案内
お知らせ
被害情報提供のお願い
寄付のお願い
会議報告

埼玉消費者被害をなくす会2018年度第3回活動委員会報告

 

 埼玉消費者被害をなくす会では、会の目的である「消費者被害の未然防止・不拡大、消費者の権利の確立」を実現するため、調査や情報の収集等に消費者29人(公募21人、団体推薦8人)が日常的に活動しています。

<第3回活動委員会の概要>

◇日時:
2018年9月14日(金)10時〜12時
◇場所:
埼玉県生活協同組合連合会 会議室
◇出席:
15名 事務局:2名

【報告事項】

 第54回埼玉県消費者大会実行委員会(8/22)、埼玉県からの受託事業関連、消費者力アップ学習会Vol.1(8/28)、申入れ活動の進捗状況を報告、潟fィ-・エヌ・エーに対する差止請求訴訟第1回期日(9/26・さいたま地裁)の傍聴を再度案内しました。

【協議事項】

  • ACAP(公益社団法人 消費者関連専門家会議)となくす会との面談(10/29)の参加者を募りました。活動委員会の活動報告を行う予定です。

  • 消費者被害アンケート・めやすばこについて

(1)アンケート項目について

①インターネットをめぐるトラブルについて

○身に覚えのないメールの項目に似た事例として、架空請求メールについての相談が多い。

○似たようなトラブルでも「○」を付けてもらえるよう、設問部分に加筆してはどうか。

②成年年齢引下げに伴うトラブルについて

○エステ体験のトラブルと、美容サービスのトラブルの事例が似ていてわかりにくい。

○インターネットゲーム課金は、20歳になったとたんのトラブルとしてはそぐわない。

○マルチ商法について加えてはどうか。

③情報提供や相談先について

○協会という項目はわかりにくい。

○消費者庁は項目に含めなくても良いか。

⇒修正版を理事会で確認後、10月から配布を開始することとしました。

(2)対面回収実施イベントについて

○コープみらいフェスタinさいたまスーパーアリーナ(10/14・日)

⇒11時〜12時の2名確定しました。11日(木)まで、追加の担当者を募ります。

○大学生協でアンケート調査ができないか。

⇒埼玉県生協連大学部会を通して、対面調査の実施について調整します。

⇒他にアンケートの配布・回収が可能な団体や会がある場合、事務局まで連絡を。

3. 広告表示改善要望について

○広告表示改善再要望及びお問合せ(案)2件、ご連絡(案)1件について、協議、内容を確認しました。事務局で体裁を整え、発送します。

○健康食品に対する要望活動を検討委員会に引き継いだことを確認しました。

【その他情報提供・交流】

第54回埼玉県消費者大会(10/9)を案内、消費者庁、国民生活センター、埼玉県、業界紙などの注意喚起情報などを提供しました。

第4回活動委員会10月18日(木)10時〜12時 埼玉県生協連会議室

個人情報保護方針 利用ルール
このホームページは特定非営利活動法人埼玉消費者被害をなくす会が運用しています。
無断転載禁止。転載を希望される方は上記にご連絡ください。