適格消費者団体 特定適格消費者団体 特定非営利活動法人 埼玉消費者被害をなくす会
アクセスマップ リンク お問い合わせ サイトマップ ホーム
新着情報
団体概要
加入案内
活動案内
お知らせ
被害情報提供のお願い
寄付のお願い
会議報告

埼玉消費者被害をなくす会2018年度第6回活動委員会報告

 

埼玉消費者被害をなくす会では、会の目的である「消費者被害の未然防止・不拡大、消費者の権利の確立」を実現するため、調査や情報の収集等に消費者29人(公募21人、団体推薦8人)が日常的に活動しています。

<第6回活動委員会の概要>

◇日時:
2018年12月10日(月) 10時〜12時45分
◇場所:
埼玉県生活協同組合連合会 会議室
◇出席:
14名 事務局:2名

【事業者との面談】

シミ取り専門サロン運営事業者と、再要望書に対する回答内容についての説明、シミが取れるとするメカニズム、広告表示や消費者に対する説明内容などについて意見交換を行ないました。なお、広告表示改善再要望及びお問合せについて、文書での回答もお願いしました。

【報告事項】

(株)NTTドコモに対する控訴棄却を受けた対応、(株)トーソーコンストラクションに対する訴訟提起(12/7)その他の差止請求進捗状況、消費者力アップ学習会Vol.2(12/4)、アンケート・めやすばこの回収状況(約1300枚回収済み)、埼玉県からの受託事業関連について報告、(株)ディ-・エヌ・エーに対する差止請求訴訟第3回期日(12/26)の傍聴を案内しました。

【協議事項】○:主な意見

1.広告表示改善要望について

①通販ショップから広告表示改善要望の回答説明のため訪問したいとの申し出について

○30分以内限定などと購入を急がせる表記を改善してほしい旨、伝えてほしい。

⇒事務局で対応することを確認しました。

②食品事業者の広告表示改善要望に対する回答について

○同事業者の他の製品ではあるが、要望内容に沿った表示となっている広告がある。

○ただし、一部矛盾のある表示があるのでさらに改善が必要ではないか。

⇒変更後の広告原稿送付と、一部表示についての意見を連絡文として送付することとしました。

③健康食品事業者の広告表示について

○そもそも「当選しました」との文書に、さらに「2週間以内に定期購入を申し込むとお得である」と案内するのはやはりおかしいと思う。

○企業の営業活動としては容認できる範囲であると思う。

⇒再要望書としてではなく、活動委員会で出された意見を列挙した連絡文として送付することとしました。

【その他情報提供・交流】

消費者力アップ学習会Vol.3(2019/2/27)を案内、他適格消費者団体の申入れ内容、国民生活センター、業界紙などの注意喚起情報などを提供しました。

アンケート・めやすばこの集計作業を行ないました。

第7回活動委員会1月16日(水)10時〜12時 埼玉県生協連会議室

個人情報保護方針 利用ルール
このホームページは特定非営利活動法人埼玉消費者被害をなくす会が運用しています。
無断転載禁止。転載を希望される方は上記にご連絡ください。