適格消費者団体 特定適格消費者団体 特定非営利活動法人 埼玉消費者被害をなくす会
アクセスマップ リンク お問い合わせ サイトマップ ホーム
新着情報
団体概要
加入案内
活動案内
お知らせ
被害情報提供のお願い
寄付のお願い
会議報告

埼玉消費者被害をなくす会2018年度第9回活動委員会報告

 

 埼玉消費者被害をなくす会では、会の目的である「消費者被害の未然防止・不拡大、消費者の権利の確立」を実現するため、調査や情報の収集等に消費者29人(公募21人、団体推薦8人)が日常的に活動しています。

<第9回活動委員会の概要>

◇日時:
2019年3月13日(金)10時〜12時
◇場所:
埼玉県生活協同組合連合会 会議室
◇出席:
11名 事務局:2名

【報告事項】

(株)NTTドコモ、(株)ディー・エヌ・エー、(株)トーソーコンストラクションに対する訴訟の状況や申入れ等の状況、埼玉県からの受託事業、消費者力アップ学習会Vol.3(2/27)、埼玉県LPガスお客様相談センター委員会(2/21)を報告しました。学習会に参加した委員から、「活動委員会で自分たちがやっていることは正しかったのだと、今後の活動の励みになった」などの感想が寄せらせました。また、活動委員会の年間日程(案)を報告しました。

【協議事項】○:主な意見

1.埼玉消費者被害をなくす会第16回通常総会について

⇒活動委員会報告は、2〜3名で発表報告形式により行うこととし、報告者1名を選出、欠席者にも募ることとしました。

2.第55回埼玉県消費者大会実行委員について

⇒消費者団体懇談会を案内、第55回埼玉県消費者大会(10/10・埼玉会館)の実行委員を募りましたが、立候補者がいなかったため、欠席者にも募ることとしました。

3.広告表示改善要望について

①シミ取り専門サロンについて⇒5月配布分の広告原稿の送付を待つこととしました。

②通販ショップからの「回答」を受けた「意見書」の内容について

○「30分限定など」期限を設けること自体が、購入に要する判断を急がせるとして問題であるとする、活動委員会としての問題意識を再度明記した方が良いと思う。

⇒事務局にて、構成を変更した上で文言を修正後、事業者宛て送付することとしました。

○管轄省庁に意見書を提出することで、なくす会としてプレスリリースもできるので、ぜひ意見書を提出したい。

⇒意見書については今後検討していくこととしました。

③有料老人ホーム運営事業者について⇒回答を待つこととしました。

4.「アンケート・めやすばこ」まとめについて

○グラフの順番を入れ替えた方が分かりやすい箇所がある。

○「知っている」割合より、「知らない」「あまり知らない」との回答の割合をクローズアップした方が、注意喚起につながるのではないか。

⇒グラフやまとめを修正、なくす会理事会での報告を経て各団体などに宛て「まとめ」を送付、ホームページやニュースレターに掲載することとしました。

5.その他情報提供

◇ アマゾンを名乗り事務用品の営業電話を受けた知人がいるので、注意を。

第9回活動委員会3月13日(水)10時〜12時 埼玉県生協連会議室

個人情報保護方針 利用ルール
このホームページは特定非営利活動法人埼玉消費者被害をなくす会が運用しています。
無断転載禁止。転載を希望される方は上記にご連絡ください。