適格消費者団体 特定適格消費者団体 特定非営利活動法人 埼玉消費者被害をなくす会
アクセスマップ リンク お問い合わせ サイトマップ ホーム
新着情報
団体概要
加入案内
活動案内
お知らせ
被害情報提供のお願い
寄付のお願い
会議報告

埼玉消費者被害をなくす会2018年度第12回活動委員会報告

 

 埼玉消費者被害をなくす会では、会の目的である「消費者被害の未然防止・不拡大、消費者の権利の確立」を実現するため、調査や情報の収集等に消費者29人(公募21人、団体推薦8人)が日常的に活動しています。

<第12回活動委員会の概要>

◇日時:
2019年6月5日(水) 10時〜12時
◇場所:
埼玉県生活協同組合連合会 会議室
◇出席:
16名 事務局:2名

【報告事項】

この間の主な差止請求・被害回復活動の進捗、第7回理事会(5/28)、埼玉県からの受託事業、第55回埼玉県消費者大会第2回実行委員会(5/20)について報告しました。また、活動委員会説明会(6/6)を予定していることを報告しました。

【協議事項】○:主な意見

1.埼玉消費者被害をなくす会第16回通常総会について

○パワーポイントを映しながら報告を行ない、シナリオをチェックしました。

⇒事務局にてシナリオ、パワーポイントを修正・変更し、報告者とメールにて最終調整することとしました。

2.2019年度の活動委員会の活動について

○下記①〜④について意見交換しました。

①広告チェック…引き続き新聞本紙、新聞折込、Web、テレビCMなどの広告をチェック

②広告チェック以外商品…身の回りの製品事故、比較サイトなど

③アンケート・めやすばこ…身の回りの製品事故、キャッシュレス決済に関する不安項目

④学習会…商品検査・リコール製品、機能性表示食品、約款など

○5月に学習会を開催し、アンケートに活かすような流れを作れないか

⇒次年度の課題としました。

⇒広告チェック以外の調査については、問題ではないかと思われる事柄を委員会に持ち寄り、都度協議しながら必要に応じて調査、改善要望、意見書提出などを行なっていくこととしました。

3.広告チェック

○健康食品、化粧品の広告の問題点について意見交換しました。

⇒7月活動委員会で改善要望の内容について協議することとしました。

【その他情報提供】

国民生活センター「見守り新鮮情報」、業界紙などから情報を提供し注意喚起しました。検討委員(相談員)から依頼された「高齢者の情報収集手段等に関するアンケート」回答の協力を依頼しました。

【追跡調査隊】

活動委員会終了後、第16回通常総会会場に掲示する展示物を作成しました。

2019年度第1回活動委員会7月9日(水)10時〜12時 埼玉県生協連会議室

個人情報保護方針 利用ルール
このホームページは特定非営利活動法人埼玉消費者被害をなくす会が運用しています。
無断転載禁止。転載を希望される方は上記にご連絡ください。