適格消費者団体 特定適格消費者団体 特定非営利活動法人 埼玉消費者被害をなくす会
アクセスマップ リンク お問い合わせ サイトマップ ホーム
新着情報
団体概要
加入案内
活動案内
お知らせ
被害情報提供のお願い
寄付のお願い
会議報告

埼玉消費者被害をなくす会2019年度第1回活動委員会報告

 

 埼玉消費者被害をなくす会では、会の目的である「消費者被害の未然防止・不拡大、消費者の権利の確立」を実現するため、調査や情報の収集等に消費者29人(公募24人、団体推薦7人)が日常的に活動しています。

<第1回活動委員会の概要>

◇日時:
2019年7月9日(水) 10時〜12時
◇場所:
埼玉県生活協同組合連合会 会議室
◇出席:
16名 事務局:2名

【報告事項】

第16回通常総会・第1回理事会(6/25)、第55回埼玉県消費者大会第3回実行委員会(6/18)、埼玉県からの 受託事業、申入れ活動の進捗状況について報告し、(株)ディー・エヌ・エー差止請求訴訟第8回期日(9/11(水)10時30分〜さいたま地方裁判所第105号法廷)の傍聴を案内しました。

次年度の総会に向けた振り返りを行ない、消費者大会分科会(消費者課題)の内容について意見交換しました。

【協議事項】○:主な意見

1.会計係、追跡調査隊メンバーについて

⇒会計係2名のうち、1名を選出しました。欠員は欠席者にも募ることとしました。追跡調査隊のメンバーを登録し、登録者以外も都度の参加が可能であることを確認しました。

2.2019年度の活動委員会の活動について

○以下の内容で活動を進めていくこととしました

①広告チェック…引き続き広告表示改善要望活動を実施

②広告チェック以外商品…身の回りの製品事故の情報収集・注意喚起・改善要望実施

③アンケート・めやすばこ…身の回りの製品事故、キャッシュレス決済について実施

(可能な限り片面に。両面の場合は裏面にもあることをわかりやすく)

④学習会…商品検査・リコール製品、機能性表示食品、約款など

⇒出されたテーマを理事会に提案することとしました。

○内部学習会について

⇒アンケート・めやすばこの参考となるように9月活動委員会(9/13)の一部を内部学習会とすることとしました。

(講師案:製品評価技術基盤機構、埼玉県消費生活支援センター)

○その他

⇒製品評価技術基盤機構(最寄駅代々木上原)または埼玉県生活科学センター(蕨駅または西川口駅からバス)の見学について検討することとしました。

3.広告チェック

○健康食品、化粧品の広告の問題点について

⇒改善を要望する内容、問合せが必要な内容について意見を出し合いました。意見をもとに事務局にて要望書(案)を作成し、9月以降の活動委員会で検討していくこととしました。

【その他情報提供】

国民生活センター「見守り新鮮情報」、埼玉県消費生活支援センター「彩の国くらしサポート」、業界紙などから情報を提供し注意喚起しました。

今後の予定

消費者力アップ学習会Vol.1:8/28(水)10時〜 浦和コミュニティセンター第13集会室
終了後、同会場にて1時間程度、第2回活動委員会(アンケートめやすばこの内容について)

個人情報保護方針 利用ルール
このホームページは特定非営利活動法人埼玉消費者被害をなくす会が運用しています。
無断転載禁止。転載を希望される方は上記にご連絡ください。